/

この記事は会員限定です

ルネサス、小さな圧力で発電する半導体 通信機器向け

[有料会員限定]

ルネサスエレクトロニクスは圧力を電力に変換できる特殊な半導体を開発した。指で押す程度の小さな圧力で、外部に信号を送る電力を生み出せる。高齢者の行動を見守る機器といった用途を想定。玄関のドアに取り付ければ開閉時に離れた場所の親族に知らせることができ、常用薬の包装シートに組み込めば服用時間を自動的に記録できる。

「圧電素子」と呼ばれる特殊な半導体で圧力を受けて電気を生み出す。ルネサスは省電力の近距離...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り317文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン