/

この記事は会員限定です

日米、為替政策めぐり舌戦 G20会議で見えた亀裂

[有料会員限定]
 【ワシントン=河浪武史、中村亮】14~15日の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は、米当局が「円相場の動きは秩序的」と表明して日本の円安誘導策をけん制する異例の終幕となった。ドル高是正へ「密約がある」とまで噂された結束が一転、不協和音を放つ結果になったのはなぜか。

麻生財務相「円相場は偏っている」

「円相場の偏った動きを懸念している」。麻生太郎財務相は14日、米ワシントン入りしてすぐの日米財務相会談で、ルー米財務長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1827文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン