2019年8月23日(金)

合成繊維のアジア価格、10カ月ぶり反発

2016/4/15 23:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

衣料品に使う合成繊維の国際価格に底入れ感が出てきた。ポリエステル長繊維は石油化学原料の相場上昇を受け、3月末時点で前月から小幅に上昇し約10カ月ぶりに反発した。供給過剰や、汎用品を中心に中国の需要が鈍化し価格の上昇力は弱い。値動きが海外より遅れる日本の取引価格は、これから夏場にかけ上昇も見込まれる。

詰め綿などに使うポリエステル短繊維のアジアのスポット(随時契約)価格は3月末時点で1キロ0.92…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。