北海道ガス、60歳超の賃金上げ 定年65歳に延長

2016/4/16 10:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道ガスは7月、65歳まで働き続けることを前提とした賃金に移行する。平均的な社員の賃金水準は従来、60歳を超えると3分の1程度まで下がっていたが、7割程度まで引き上げる。少子高齢化の加速による若年層の減少に対応する。一方で、総賃金の急増を避けるため、40~60歳の賃金水準は5%程度抑える苦肉の策をとる。

新制度では定年を60歳から65歳に延長する。従来も60歳定年後、希望者は継続雇用制度を使い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]