/

この記事は会員限定です

動かぬ太陽光に退場促す 再生エネ買い取り、認定方式を変更

[有料会員限定]

政府は2月、再生可能エネルギー特別措置法(FIT法)の改正案を国会に提出した。高い電力買い取り価格を前提にした太陽光発電計画が増え過ぎたため、認定方式を変える。今も8割弱が未稼働な問題に対しては、一定条件で認定を取り消せるルールとした。「太陽光バブル」の後始末に政府が苦慮している。

「またこの案件か」。エクセリオジャパン(東京・中央)の安岡克己社長はため息をついた。同社は太陽光発電の大手。他社から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1102文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン