/

この記事は会員限定です

トヨタ、新興国で廃車から資源回収 100社と協力

持続可能な車社会狙う

[有料会員限定]

トヨタ自動車は新興国で廃車リサイクル事業を展開する。独自の基準を満たす「認定工場」に対し、再生可能な資源を取り出す技術を供与する。100社程度の認定を目指す。トヨタグループの販売台数は2015年まで4年連続で世界首位。新興国でも新車の製造・販売から廃車処理までを一貫して手がける体制を整え、環境負担を軽減する持続可能な自動車社会の実現につなげる。

日本を含む先進国には廃車リサイクルの手順を定めた法律がある。新興...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り708文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン