「オール長崎」で海の再生研究 下水汚泥から藻の肥料

2016/4/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長崎総合科学大学と三菱製鋼グループの三菱長崎機工(長崎市)などは下水汚泥を活用した肥料で海を再生する研究を始める。農作物向けに実用化した技術を藻場の再生に応用し、海洋ロボットも導入する。研究には長崎大学が参加するほか県の研究機関にも協力を要請するなど「オール長崎」で取り組むモデルケースになる。

三菱長崎機工は下水汚泥を活用することができる技術を確立した。脱水した汚泥を180度、10気圧で連続して…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]