カープ飛躍へ増収に知恵 新たな顧客層を開拓

2016/4/8 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

プロ野球が開幕して2週間。広島東洋カープの本拠地、マツダスタジアム(広島市南区)は今年も大勢のファンでにぎわっている。黒田博樹投手の復帰に沸いた昨年は主催試合の観客動員が初めて200万人の大台に乗り、球団の業績も4期連続の増収増益となった。経済効果の天井感も指摘される中で、球団はさらなる市場拡大策に知恵を絞っている。

中国電力エネルギア総合研究所が昨年末にまとめた2015年の「広島東洋カープとマ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]