2018年8月22日(水)

ゴールドウイン、人工クモ糸で新製品 「繊維産地の強み発揮」

2016/4/6 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ゴールドウインはバイオベンチャー(VB)のスパイバー(山形県鶴岡市)と資本・業務提携し、同社が開発した人工のクモ糸繊維を用いた新素材ウエアを商品化する。VBの技術開発力と北陸のモノ作り力を融合させ、北陸に拠点を持つ製造業の新たな事業モデルになる可能性を秘める。西田明男社長にVBとの連携の狙いや今後の展開などを聞いた。

 ――なぜ、山形のVBと提携したのですか。

 「衣料などに使われるポリエステルやナ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報