阪大と田辺三菱、サルで神経再生確認 促進する物質開発

2016/4/3 23:43
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 大阪大学の山下俊英教授らの研究チームは、田辺三菱製薬と共同で、傷付いた神経の再生を促す物質を開発し、サルを用いた実験で脊髄損傷に対する効果を確認した。中枢神経の損傷によって起きる多発性硬化症にも効果があるとみられ、2019年に両方の患者を対象に臨床試験を始める計画だ。

 神経が損傷すると、損傷部位に免疫細胞が集まり、軸索再生阻害因子(RGM)を分泌する。このため神経の再生が妨げられ、マヒや知覚異常…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

田辺三菱製薬山下俊英大阪大学臨床試験

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:32
6:25
中国 7:01
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
14:57
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報