抗生物質使用3割減 政府、耐性菌対策で初の行動計画案

2016/4/2 1:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は1日、抗生物質が効かない「薬剤耐性菌」対策として、初の行動計画案をまとめた。抗生物質の使いすぎが一因とされることから、感染症治療などでの抗生物質の使用量を2020年までに13年比で約3割減らす目標を掲げた。医療機関や患者に適正な使用を促す。来週にも開かれる関係閣僚会議で決定する。

行動計画では、患者や医師らに抗生物質の適切な使用を促す。風邪などで抗生物質が処方される機会の多い小児や家族、高…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]