/

この記事は会員限定です

中央大、会計大学院閉鎖へ 18年3月にも

[有料会員限定]

中央大学は公認会計士などを養成する会計専門職大学院を閉鎖する。今春入学の5人が卒業する2018年3月で終了の見込みだ。他大学に先駆けて03年4月に初の会計大学院を開き、一時は200人を超す学生がいた。会計大学院を出ても国家試験での利点が少ないという制度の問題や会計士の人気が低下したのが背景だ。

全国には15年度時点で会計大学院(通常は2年制)を運営している大学が16ある。このうち立命館、法政、甲南...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り290文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン