2019年1月24日(木)

ムーディーズ、シンガポール大手3行の格付け見通し下げ

2016/4/1 0:11
保存
共有
印刷
その他

【シンガポール=菊池友美】米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは31日、DBSグループ・ホールディングス(DBS)などシンガポールの大手銀行3行の格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ(弱含み)」に引き下げた。中国など貿易相手国の需要低迷や資源安でシンガポール企業の資金繰りが悪化し、不良債権が増える恐れがあるとした。

格付け見通しを引き下げたのはDBS、オーバーシー・チャイニーズ銀行(OCBC)、ユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)の3行。OCBC傘下で資産運用を手掛けるバンク・オブ・シンガポールの見通しも同様に引き下げた。

シンガポール国内外の経済成長の鈍化で、3行の貸出先であるシンガポールの製造業や石油・ガス掘削関連企業の多くの業績が悪化している。中国など主要輸出国の景気停滞も3行の不良債権リスクを高める要因だ。ただムーディーズは3行の資産内容や流動性などは「依然として強固」と評価、足元の格付けは変えなかった。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報