石狩湾新港に発電所集積 LNG火力、北ガス・北電が建設

2016/3/31 9:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

石狩市と小樽市にまたがる石狩湾新港周辺が北海道の新たな発電基地になる。北海道ガスと北海道電力が液化天然ガス(LNG)を使う大型の火力発電所を建設するほか、2020年までにバイオマス(生物資源)、風力発電の大型発電所も相次いで立ち上がる予定。二酸化炭素(CO2)の排出が少ない電源が多く、道内のCO2排出低減にもつながりそうだ。

北ガスは30日、石狩市に出力7万8千キロワットの天然ガス火力発電所を建…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]