2018年7月17日(火)

四国電、伊方1号機を廃炉へ 老朽化で安全投資重く

2016/3/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 四国電力は運転開始から40年近い伊方原子力発電所1号機(愛媛県)を廃炉にする方針を決めた。東日本大震災後に再稼働を目指していたが、経営判断から断念した。国の規制で定めた原発の運転期間は原則40年で、原子力規制委員会が認めれば最長60年まで延長できる。ただ、伊方1号機の稼働延長には2000億円規模の安全対策費がかかる見込み。四国電は投資負担に見合わないと判断した。

 四国電は25日、廃炉方針を発表す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報