/

西部ガスの水素ステーション、25日営業開始

西部ガスは24日、九州で商用では初めて敷地内に水素の製造設備を持つ「東浜水素ステーション」(福岡市)の開所式を開いた。燃料電池車(FCV)向けに最大10台分の水素を貯蔵でき、1時間当たり5~6台分を充填できる。FCVの普及が進む10年後をメドに黒字化を目指す。

25日から営業を始める。

販売価格は1キログラム当たり1100円で、トヨタ自動車のFCV「ミライ」を満タンにする場合は5500円程度になるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン