/

この記事は会員限定です

仙台市、農業用水路の長寿化へ補修 維持費40億円削減

[有料会員限定]

仙台市は市東部の農業地帯を中心に走る農業用水路の大規模な修理・建て替え工事を17年度から始める。安定的に水を供給できるインフラを整備することで農家の生産性を高める。市にとっては用水路が壊れる前にあらかじめ必要な補修工事をしておくことで将来の維持管理費用を減らす狙いがある。このまま応急的な補修工事を続けるよりも、維持管理費を約40億円減らせる。

仙台市内にある農業用水路の総延長は1800キロメートル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り500文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン