/

この記事は会員限定です

鴻海とシャープ主取引銀、長引く協議 融資返済期限延長へ

[有料会員限定]

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業とシャープの主取引銀行の協議が長引いている。シャープの将来の負債となる恐れのある偶発債務が明らかになったことを受け、鴻海は買収条件の見直しを要求している。みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行を中心とした銀行団はシャープへの協調融資、5100億円が3月末に迎える返済期限を1カ月延長する方針。融資延長で期末の資金繰りを支え、拙速な合意を避けて慎重に交渉を続ける構えだ。

シャープ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り419文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン