政投銀、川重に100億円 「特定投資業務」航空エンジン支援

2016/3/23 1:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

川崎重工業は日本政策投資銀行から「特定投資業務」と呼ばれる特別な金融支援を受ける。会社への融資や出資ではなく、航空機エンジンの開発事業に対し100億円前後の出資を受ける。航空機産業は投資回収までのサイクルが10~20年と長く、資金負担が重い。金融支援で財務基盤を安定させ、着実に収益を刈り取る体制をつくる。

政投銀が手掛ける特定投資業務は昨年5月の法改正で導入された資金供給制度だ。成長が見込まれる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]