2019年7月18日(木)

プロ野球

「勝敗で現金」7球団 調査終了、DeNAは個人成績で

2016/3/21 1:39
保存
共有
印刷
その他

プロ野球の複数の球団で試合の勝敗などに絡む選手間の現金授受が発覚した問題で、DeNAは20日、投手陣の個人成績を対象とした現金のやりとりや、高校野球の優勝校を当てる「くじ引き」が行われていたとする調査結果を発表した。野球協約違反には当たらないことを日本野球機構(NPB)に確認したという。野球賭博への関与や、試合前の円陣での「声出し」による自チームの勝敗に絡む現金のやりとりは確認されなかった。

12球団の調査結果が出そろい、チームの勝敗に関連する現金授受が判明したのは巨人、阪神、西武、ソフトバンク、楽天、広島、ロッテの7球団となった。

DeNAによると、投手陣のやりとりは投手としての勝ち越しの数と、打席での犠打、打点、塁打の4項目に各選手が1万円ずつを拠出し、項目ごとに年間で最も成績が良かった選手が総取りする仕組みだった。約10年前から行われ、参加者は10人弱だったという。

高校野球での現金授受は、参加者が1万円を出してくじで出場校を割り振り、優勝校に当たった選手が全額を得ていた。約10人が参加し、過去数年間行われていた。練習や試合でのミスに選手間で千円程度の罰金を科し、オフの懇親会などに充てていたことも明らかになった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

8回を無失点で10勝目を挙げ、ファンの歓声に応える日本ハム・有原=共同

 リスク覚悟の積極采配で前日までの2試合を制した日本ハムの栗山監督が試合前に言い切った。「きょうは有原に任せる。あいつを信じていくしかない」。厚い信頼に26歳は「いつも以上に絶対負けない気持ちでいった …続き (17日 23:31)

史上最年少での通算150セーブを達成し、記念のボードを手にするDeNA・山崎(17日、横浜)=共同

 DeNAの山崎康晃投手が17日、横浜スタジアムで行われた広島15回戦で今季17セーブ目を挙げ、プロ野球史上15人目の通算150セーブを達成した。

 26歳9カ月での到達は永川勝浩(広島)の28歳7カ月 …続き (17日 22:41)

5回ヤクルト無死一、二塁、青木が右越えに勝ち越し3ランを放つ。捕手大城(17日、神宮)=共同

 【ヤクルト5―4巨人】ヤクルトが後半戦初勝利を挙げた。1―1の五回に青木の3ランとバレンティンのソロで4点を勝ち越して逃げ切った。山田大が六回途中まで3失点で2勝目。巨人は坂本勇が2本塁打で追い上げ …続き (17日 21:56更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。