プロ野球

「勝敗で現金」7球団 調査終了、DeNAは個人成績で

2016/3/21 1:39
保存
共有
印刷
その他

プロ野球の複数の球団で試合の勝敗などに絡む選手間の現金授受が発覚した問題で、DeNAは20日、投手陣の個人成績を対象とした現金のやりとりや、高校野球の優勝校を当てる「くじ引き」が行われていたとする調査結果を発表した。野球協約違反には当たらないことを日本野球機構(NPB)に確認したという。野球賭博への関与や、試合前の円陣での「声出し」による自チームの勝敗に絡む現金のやりとりは確認されなかった。

12球団の調査結果が出そろい、チームの勝敗に関連する現金授受が判明したのは巨人、阪神、西武、ソフトバンク、楽天、広島、ロッテの7球団となった。

DeNAによると、投手陣のやりとりは投手としての勝ち越しの数と、打席での犠打、打点、塁打の4項目に各選手が1万円ずつを拠出し、項目ごとに年間で最も成績が良かった選手が総取りする仕組みだった。約10年前から行われ、参加者は10人弱だったという。

高校野球での現金授受は、参加者が1万円を出してくじで出場校を割り振り、優勝校に当たった選手が全額を得ていた。約10人が参加し、過去数年間行われていた。練習や試合でのミスに選手間で千円程度の罰金を科し、オフの懇親会などに充てていたことも明らかになった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

6回巨人無死一塁、打者小林のときに増田大が二盗。遊撃手木浪(18日、東京ドーム)=共同

 プロ3度目のスタメン出場だった巨人の増田大が、課題の打撃で猛アピールした。四回、左越えに先制の2点三塁打。安定した守備と俊足を買われた伏兵の一振りで、試合の主導権をがっちりと握った。
 1死一、三塁。 …続き (19:21)

8回ヤクルト2死二塁、代打荒木が右前に適時打を放つ(18日、神宮)=共同

【ヤクルト3―2中日】ヤクルトは三回にバレンティンの適時打などで2点を先行し、八回は代打荒木の適時打で1点を加えた。ブキャナンが8回無失点で3勝目。中日は八回まで散発4安打。九回にハフから4長短打で1 …続き (21:13更新)

二回、筒香が右中間に通算200本塁打となる2ランを放つ=共同

 一回1死無走者。初対戦となる広島のモンティージャは190センチ、115キロという大型左腕だったが、DeNAの2番・筒香は迷いなく打席に立った。初球の154キロを難なく中前にはじき返し、連敗中は繰り出 …続き (17日 23:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]