/

この記事は会員限定です

ローソン、品ぞろえ15%増 冷凍食品や日用品拡充

[有料会員限定]

ローソンは2016年度中に店舗で扱う商品数を15%増やす。冷凍食品やパックの総菜、日用品の品ぞろえを広げ、たばこと雑誌を除く商品数を現在より400品目多い3100品目にする。保存できたり、家庭で必要だったりする商品の購入も多いシニア層や女性のニーズに対応。顧客層を広げ、既存店の客数を底上げする。

取り扱いを増やすのは冷凍食品や熱湯などで温めて食べるパウチ総菜、シャンプーや洗剤などの日用品。例えば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り700文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン