ミャンマー大手銀、日系企業進出特区に支店 三菱UFJが職員

2016/3/17 23:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ヤンゴン=松井基一】ミャンマーの大手銀行、コーポラティブ銀行(CB銀行)はこのほど最大都市ヤンゴン南東のティラワ経済特区(SEZ)に支店を開設した。特区への銀行支店開設は初めて。CB銀と提携する三菱東京UFJ銀行も職員を派遣し、SEZに進出した日本企業などを支援する。金融インフラ整備の進捗は特区への産業集積を後押ししそうだ。

支店は貸し出しや送金など全金融サービスを手掛ける。支店内に「ジャパン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]