/

この記事は会員限定です

「山形製」有機EL、近鉄で採用 タカハタ電子など企画

[有料会員限定]

電子機器メーカーのタカハタ電子(山形県米沢市)などが共同企画した有機EL照明が、近畿日本鉄道の観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」に採用された。洗面所の鏡に有機EL照明を組み込んだ。太陽光に近い自然な光という特長を生かし、今後も鉄道車両への導入を働き掛けていく。

採用が決まった「洗面室用有機EL鏡」は、鏡の左右に有機EL照明を組み込んだ。タカハタ電子など5社で構成する「有機EL照明実用...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン