2018年7月19日(木)

上川地域をネット資金調達で活性化 旭川信金など連携協定

2016/3/18 9:50
保存
共有
印刷
その他

 旭川信用金庫、資金調達支援のアクトナウ(ACTNOW、札幌市)、上川総合振興局の3者は17日、インターネットで小口資金を広く募るクラウドファンディング(CF)を上川地域の活性化に役立てる連携協定を結んだ。第1弾として加工食品の大金(旭川市)が幌加内産そばの新商品を出すのに生かす。

 旭川信金が取引先の大金を紹介、CFサイト運営のアクトナウが資金を募る。上川振興局は幌加内産そばの魅力を道内外へPRする。資金の支援者は提供額に応じて商品を受け取れるなどのリターンがある。

 CFの活用を旭川信金の原田直彦理事長は「強力な武器を与えられた」と語り、アクトナウの杉山央社長は「消費者や投資家に訴求力があるかを確認するマーケティングにもなる」と話した。年6件程度の資金調達案件の立ち上げを目指す。

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報