新希望集団のセブンイレブン、重慶以外にも出店検討

2016/3/16 23:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=大越匡洋】中国の大手民営飼料・食品メーカー、新希望集団(四川省)の劉永好董事長は全国人民代表大会(国会に相当)の開催に合わせて日本経済新聞の取材に応じた。内陸部の直轄市である重慶市で日本企業と組んで展開しているセブンイレブンについて「重慶以外の地域、主に四川省など西南地域についても(出店)を検討している」と語った。

新希望はセブン―イレブン(中国)投資、三井物産との合弁で2013年末から…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]