若者の朝食欠食率15%以下に 政府が食育計画

2016/3/15 0:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府の食育推進会議(会長・安倍晋三首相)は、2016年度から5年間の「第3次食育推進基本計画」をまとめた。若い世代の食生活の改善や、家族構成などの多様化に対応した食育の推進が柱。18日にも開く会議で決定する。

第3次計画では、朝食を欠食する若い世代の割合を現状の24.7%から全世代平均と同じ15%以下に引き下げることを明記。自治体による啓発活動…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]