/

震災犠牲者の身元確認、DNAより歯型が有効

東日本大震災で亡くなった岩手、宮城、福島3県の犠牲者の身元確認は歯型鑑定によるものがDNA鑑定の約7倍だったことが12日、警察庁への取材で分かった。震災では家族全員が亡くなったり、家が流されたりしたため、DNAを照合する試料が得られにくかった。未曽有の大災害に効果を示したことで、各地の歯科医師会などが歯科情報を長期間、安全に保管する取り組みを始めている。

警察庁の2月末現在の集計によると、3県で身元を確認した遺体は1万5749人。そのうち1万3955人(88.6%)は身体的特徴や所持品が身元確認につながった。歯型による鑑定は1248人(7.9%)で、DNA型は173人(1.1%)、指紋・掌紋は373人(2.4%)だった。

3県警によると、震災直後は身体的特徴や所持品で十分確認できたが、時間とともに顔や指紋では判断できないケースが増加。変化しにくい骨から採取できるDNAや歯が鑑定に使われた。

しかし、DNAで身元を特定するには、家に残された髪の毛や皮膚片などの試料が欠かせない。震災では、自宅ごと流されて得られないことが多かった。歯型は、かかりつけの歯科医院に情報が残っていた。

南海トラフ地震による津波被害が想定される岡山県の県歯科医師会は、津波などの災害に備えて内陸の銀行に預けようと、患者の同意を得た上で歯科情報をUSBメモリーに記録して保管している。

歯型の照合システムを作成し、宮城県で県警とともに犠牲者の特定作業に携わった東北大の青木孝文教授(情報科学)は「全国の歯科医院は6万以上。その情報は災害時、大きな身元確認の根拠となるはずだ」と話している。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン