iPSで本物に近い角膜 阪大、目の発生段階を再現

2016/3/10 3:00
保存
共有
印刷
その他

大阪大の西田幸二教授らは9日、ヒトのiPS細胞で目の発生段階を再現し、本物に近い角膜上皮を作ることに成功したと発表した。角膜の難病を持つ患者に移植する臨床研究を来年度中に申請する計画だ。

 人のiPS細胞から作製した、目の主要な細胞を含んだ同心円状の4層の組織。左側が最も内側の層(大阪大の西田幸二教授提供)=共同

人のiPS細胞から作製した、目の主要な細胞を含んだ同心円状の4層の組織。左側が最も内側の層(大阪大の西田幸二教授提供)=共同

特殊なたんぱく質で作った「足場」の上でiPS細胞を培養した結果、4種の細胞層に自然と分かれ、バームクーヘンのように同心円状に広がる組織ができた。中心部に脳につながる中枢神経のもとになる細胞、一番外側には目の表面になる細胞ができ、その間に角膜などを作る2種類の細胞が並んだ。

このうち角膜のもとになる細胞を取り出してシート状にし、角膜上皮を作った。ウサギ7匹の目に移植して、シートの効果で瞳が透明になることを確認した。

iPS細胞から特定の細胞を作る技術はすでにあり、網膜の難病患者に移植する臨床研究が始まっている。今回はより実際の目の発生に近い状態で4種の細胞層を作ったため、それぞれの細胞の機能が高いという。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]