ヤマハ発、18年に農薬散布ドローン発売 無人ヘリ技術生かす

2016/3/10 1:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ヤマハ発動機は2018年に農薬散布用の小型無人機(ドローン)を発売する。市街地や中山間地にある小規模な農地向けに開発する。羽根の形を工夫し、地面に向かう空気の流れをつくり、効果的に農薬を吹き付けられるようにする。

ヤマハ発はエンジンを動力とする農作業用の無人ヘリコプターの国内最大手。無人機の技術、空中からの農薬散布や種まきのノウハウ、顧客網などをドローンにも生かせると判断した。

無人ヘリは広い農…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]