/

マツダ、運転技術講習を東北、九州でも

マツダは9日、2016年の参加型モータースポーツへの協賛計画を発表した。運転技術を学ぶドライビングレッスンを東北、九州に開催地域を広げるほか、昨年始めた女性ドライバーの育成も継続する。

専門のインストラクターや開発担当者が講師を務め、座学や実技で運転の楽しさなどを学ぶ「マツダ・ドライビング・アカデミー」をオートポリス(大分県日田市)とスポーツランドSUGO(宮城県村田町)で開く。これまでは岡山国際サーキット(岡山県美作市)と富士スピードウェイ(静岡県小山町)で開催していた。

昨年始めた女性ドライバーの育成では引き続き、国際的な女性ドライバーの井原慶子氏が指導。レーサーやレースのメカニックを目指す女性を新たに募集する。

そのほか、マイカーで参加できるタイムアタック競技や2時間30分走る耐久レースなども開催する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン