/

この記事は会員限定です

「アップルリスク」に警戒感 ソニーなど受注減相次ぐ

[有料会員限定]

米アップルのスマートフォン(スマホ)、「iPhone」(アイフォーン)の販売動向が企業と株式市場の関心を集めている。アップルとの取引で潤ってきた企業は幅広い業種に広がり、販売減速は業績悪化に直結する。昨年末に急浮上した「アップルリスク」は来期に向けて企業業績を押し下げる可能性がある。

シャープの経営再建を巡り、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘董事長が大阪市を訪れた2月5日。都内在住の個人投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1150文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン