/

この記事は会員限定です

グラフィックHD、アジアで異業種複合店 道産食材使う

[有料会員限定]

飲食店など運営のグラフィックホールディングス(札幌市)は、アジア各地で複合店の出店を始める。カフェやレストラン、美容室などの併設店を年末までにまず台湾に設ける。食材に道産野菜を使用、内装に木材を多用して道内で展開中の外国人観光客向け店舗とイメージを統一する。アジアの若年層に対する、北海道内で展開するサービスの輸出(アウトバウンド)を次の成長分野と見据える。

台湾では台北市の中央部の商業ビルにテナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り599文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン