2018年5月23日(水)

その他スポーツ

海外選手の卓球ラケット不正野放し 日本提案の検査否決
抗議で国際大会欠場の選手も

2016/3/5 13:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 卓球界で公然の秘密とされるのが、ラケットラバーに回転や球速を増すための油脂系補助剤を塗る不正の横行だ。海外選手の多くが行っているとされ、4年前には水谷隼(ビーコン・ラボ)が半年間、国際大会を欠場する抗議行動に出た。3日に開かれた国際卓球連盟(ITTF)理事会では、日本協会が不正を見つける検査方法を提案したが賛同を得られずに否決された。

 「ブースター」と呼ばれる補助剤を塗ると、ラバーが膨張して回転…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

男子で4回戦に進出した村上舜(23日、釣ケ崎海岸)=共同

 サーフィンのプロ最高峰チャンピオンシップツアー(CT)の予選シリーズ(QS)一宮千葉オープンは23日、2020年東京五輪の会場となる千葉県一宮町の釣ケ崎海岸で男子の3回戦が行われ、一昨年に国内開催の …続き (19:33)

 日本大アメリカンフットボール部の宮川泰介選手が悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で、日大は24日にも詳細な経緯などについて関学大に再回答する。指導者からの「1プレー目で相手のクオーター …続き (18:50)

ドーピング違反による暫定的資格停止処分を受けて会見する古賀淳也=左(23日、東京・辰巳)

 日本水泳連盟は23日、競泳男子で2016年リオデジャネイロ五輪代表の古賀淳也選手(30)=第一三共=がドーピング検査で陽性反応を示したと発表した。古賀選手は禁止薬物の意図的な摂取を否定したが、暫定資 …続き (16:56)

ハイライト・スポーツ

[PR]