/

中1切りつけ認める 川崎殺害、傷害致死罪の少年初公判

川崎市の多摩川河川敷で昨年2月に起きた中学1年、上村遼太さん(当時13)殺害事件で、傷害致死罪に問われた事件当時17歳だった少年(18)は2日、横浜地裁(近藤宏子裁判長)での裁判員裁判初公判で起訴内容をほぼ認めた。弁護側は「少年院に収容すべきだ」と主張し、家裁に移送するよう求めた。

事件では少年3人が起訴され、殺人と傷害の罪に問われた主導的立場の無職少年(19)は懲役9年以上13年以下の不定期刑が確定し、17歳だった少年の公判が2人目。傷害致死罪に問われた別の少年(18)は公判前整理手続きが続いている。

検察側は冒頭陳述で「保護処分とすべき事情はなく、刑事処分にすべきだ」と指摘した。弁護側は無職少年に脅されて切り付けたとして「積極的に暴行を与える動機はなかった」と強調。事件当時17歳で精神的に未熟で、現在は反省している点も、保護処分を求める理由に挙げた。

17歳だった少年はほかの2人の1学年下。昨年の横浜家裁での少年審判では、刑の減軽や免除を定めた刑法の「緊急避難」適用を求め、刑事裁判の無罪に当たる「非行事実なし」を主張した。

起訴状によると昨年2月20日午前2時ごろ、上村さんの首を多数回切るなどし、出血性ショックで死亡させたとしている。

検察側は無職少年の公判で、17歳だった少年が3人の中で上村さんと最も親しかったと明らかにしていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン