/

消える水族館のラッコ 高齢化、輸入も規制

1984年から約30年間にわたって人気だったサンシャイン水族館(東京・池袋)のラッコの展示が2月末で終わった。最後の1匹になった雄が繁殖を目指し、他館に移るためだ。国内で飼育されているラッコの数は10匹余りとピーク時の10分の1まで減少。高齢化で繁殖は難しくなり、輸入は規制があり、日本で見られなくなる日は近づきつつあるようだ。

2月29日夕、サンシャイン水族館で開かれた展示終了のセレモニー。子供たちが雄のロイズ(10歳)の水槽に顔を寄せ、「バイバイ」と別れを惜しんだ。水槽のカーテンが閉じられるとすすり泣く人もいた。

パートナーだった雌のミール(13歳)が1月にがんで死に、残されたロイズを移すことが決まった。無事に引っ越して「新居」で展示ができるようになるまで、行き先は公表しないという。

日本動物園水族館協会によると、最初の国内での展示は82年、伊豆・三津シーパラダイス(静岡県沼津市)。おなかの上で貝を割る愛らしい姿が人気を呼んで「ラッコブーム」を巻き起こし、94年には全国28施設で122匹が飼われた。

しかし乱獲によって野生の生息数は減少。ワシントン条約で国際取引が規制され、アラスカなどの大生息地がある米国から日本へのラッコ輸出は98年で途絶えた。

国内で展示を続けているのは鳥羽水族館(三重県鳥羽市)や海遊館(大阪市)など。ラッコを貸し借りして赤ちゃん誕生を目指すが、年齢とともに繁殖能力は低下し、思うような結果は出ていない。専門家によると、ラッコは環境の変化といったストレスに弱く、近年は子供が生まれても無事に育つのが難しくなっているという。

国内の繁殖計画を取り仕切る鳥羽水族館の石原良浩さんは「水族館生まれのラッコはいわば温室育ち。子孫を残すという点では野生に比べて積極性に欠け『草食化』が進んでおり、繁殖も年々難しくなってきている」と話している。

▼ラッコ アリューシャン列島やアラスカなどの北太平洋に生息する。飼育下での寿命は雄で20年程度。かつては毛皮目的の乱獲で絶滅寸前まで減少した。国際自然保護連合は2000年、絶滅危惧種に指定した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン