/

この記事は会員限定です

アイスペース、月面探査に昆虫型ロボ JAXAと開発へ

[有料会員限定]

宇宙開発ベンチャーのispace(アイスペース、東京・港)は宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で、月面を効率的に探査できる昆虫型ロボットの開発を始める。小型で跳躍するバッタのような動きをするロボットで、クレーターの内部や丘状の地形を調べやすくする。2017年の完成を目指す。

JAXA内組織の「宇宙探査イノベーションハブ」の研究開発プログラムにアイスペースの提案が採択された。手のひら程度の大きさ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り287文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン