アイスペース、月面探査に昆虫型ロボ JAXAと開発へ

2016/3/1 23:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宇宙開発ベンチャーのispace(アイスペース、東京・港)は宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で、月面を効率的に探査できる昆虫型ロボットの開発を始める。小型で跳躍するバッタのような動きをするロボットで、クレーターの内部や丘状の地形を調べやすくする。2017年の完成を目指す。

JAXA内組織の「宇宙探査イノベーションハブ」の研究開発プログラムにアイスペースの提案が採択された。手のひら程度の大き…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]