/

この記事は会員限定です

TX、150億円投資 車両修繕施設など

[有料会員限定]

つくばエクスプレス(TX)を運行する首都圏新都市鉄道(東京・台東)が安全性や輸送力増強に向けたインフラ整備を進めている。2017年度の完成を目指して車両の修繕施設の建設に着手。守谷駅(茨城県守谷市)では列車の追い越し設備を設ける。TXは沿線人口が増加しており、総額150億円余りを投じ、安全で快適な交通手段としての魅力を高める。

車両の修繕設備は同県つくばみらい市の総合基地内に約43億円を投じて新設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り946文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン