/

性行為を強要、弁護士に退会命令 第二東京弁護士会

第二東京弁護士会は22日、女性に性行為を強要したとして、同会所属の大塚和成弁護士(45)を退会命令の懲戒処分にしたと発表した。処分は1月29日付。

同会によると、大塚弁護士は2013年2月、懇親会に出席していた女性を懇親会後にホテルに連れ込み、性行為を強要した。

大塚弁護士は22日、「意思に反する性行為をした事実はなく、一方的な事実認定だ」とのコメントを出し、日本弁護士連合会に審査請求と効力停止を申し立てるとした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン