短時間正社員導入企業、20年までに2倍に 厚労省目標

2016/2/22 1:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は週40時間程度働く正社員よりも1週間の所定労働時間が短い「短時間正社員」を導入する企業を増やす。導入企業の割合を2014年10月の14.8%から20年までに約2倍の29%に引き上げる数値目標を設け、企業への支援策も強める。正社員と非正規社員の二極化した状態を解消し、子育てや介護と仕事を両立しやすくする狙いだ。

短時間正社員の働く時間は1週間の所定労働時間が1日8時間・週5日勤務で週4…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]