/

この記事は会員限定です

小山薫堂氏に聞く 老舗活性化、1号案件は九州が理想

[有料会員限定]

地方の老舗ブランドや古民家を継承し活性化を目指す新会社「ウィズオレンジ」が18日に立ち上がった。会長に著名な放送作家でオレンジ・アンド・パートナーズ(東京・港)社長の小山薫堂氏、社長には九州で地域特化型ファンドを運営するドーガン(福岡市)社長の森大介氏が就き、両社が折半出資した。小山会長に狙いを聞いた。

――熊本県出身の2人が全国を舞台にタッグを組みます。構想はいつできたのですか。

「誰かに喜んで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1039文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン