/

凸版印刷の時価総額が大日本印刷を逆転

凸版印刷の株式時価総額大日本印刷を上回って推移している。1980年以降、印刷業界では大日印が1位を続けてきたが、先週末に逆転。デジタル関連など事業の多角化で先を行く凸版が市場に評価されている。

17日終値で凸版が6826億円、大日印は6614億円だった。逆転のきっかけは前週に2社が発表した2015年4~12月期の連結決算。9日発表の大日印は連結営業利益が前年同期比10%減の320億円、10日発表の凸版は38%増の260億円と明暗が分かれた。

2社とも営業増益を見込む16年3月期通期の予想を据えおいたが「大日印の通期予想達成のハードルは高くなった」との見方が強まった。決算発表後、17日まで凸版株が2%上昇する一方、大日印株は4%下げた。

印刷業界には顧客企業のペーパーレス化、書籍や雑誌の市場の縮小、半導体や液晶パネルの部材分野での海外勢の台頭など逆風が吹いている。そのなかで凸版は「電子書籍や電子チラシなどデジタル関連事業の好調」(凸版の垣谷英孝専務)で収益拡大を支えた。

大日印も電子書籍などに力を入れるが、紙の印刷の落ち込みを補えなかった。業務用プリンター向けの記録材などは伸びており、収益の多角化で巻き返しを急ぐ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン