日本の若手、インドで種探す 市場・技術「早い者勝ち」

2016/2/19 15:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

首都ニューデリー南部のサケット地区。様々な階層の人々が住む下町の一角、古びたビルの2階にグランマのオフィスがある。コンサルティング会社出身の本村拓人(31)と、証券会社出身の村上矢(31)が設立した。

地域の「便利屋」だ。「配水管から水漏れしている」「エアコンが壊れた」――。生活上の困りごと相談をインターネットで受け付け、現地事業者を紹介する。2015年10月にサービスを開始したばかり。3カ月間…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]