サミット開催100日前、三重県の「食」売り込め

2016/2/16 8:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

5月26、27日に三重県志摩市で開かれる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)まで16日で残り100日を迎えた。三重県はこの節目をとらえ、首都圏などでの情報発信を加速させる。なかでも力を入れるのは三重の誇る"食"のPRだ。

「伊勢参りの起点となった日本橋からのろしを上げ、サミット開催の機運を盛り上げていく」。県は11日、東京・日本橋のアンテナショップ「三重テラス」で、食をテーマにした「三重ウィークi…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]