/

この記事は会員限定です

アジアニュース シャープに見る企業再生の要諦(ニュース複眼)

[有料会員限定]

経営不振にあえぐシャープ。台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が買収する方向で調整が続くが、官民ファンドの産業革新機構も事業再編を軸にした出資案を出していた。ドタバタが続くシャープの企業再生のあり方が問いかけるものは何か。

今は平時、国の関与不要

経営共創基盤CEO 冨山和彦氏

企業再生では国の関与の是非が論議になる。シャープの場合、官民ファンドの産業革新機構が関わる妥当性は低いと言わざるを得ない。シャープに投資したいという企業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4065文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン