/

この記事は会員限定です

中部空港、1年目着陸料無料を発表 北米など拡充狙う

[有料会員限定]

中部国際空港(愛知県常滑市)は10日、国際線の新規路線が一定の条件を満たせば1年目の着陸料を無料にする新制度を2016年度から導入すると正式発表した。新規就航や増便、機材を大型化した場合に80%を割引き、同じ機材が1日2回以上着陸したり、最大離陸重量130トン超の重い機材を使ったりする場合は20%を上乗せする。

最大で無料になる料金制度は開港以来初。最大割引率は2年目が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り186文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン