/

この記事は会員限定です

鴻海・郭氏、思い届くか シャープ買収 執念の交渉

[有料会員限定]

シャープ買収へ並々ならぬ意欲を見せてきた鴻海精密工業の創業者、郭台銘董事長に再びチャンスが巡ってきた。郭氏はシャープとの資本提携が破談となった2013年以降も大型液晶パネルの共同生産を続けながら買収の機会を探ってきた。三国志の忠義の将、関羽を崇拝し、軍隊式の経営スタイルで鴻海を巨大企業に育てた郭氏の5年越しの悲願はなるのか。

黄金のスカーフ

5日、大阪のシャープ本社に駆けつけた郭氏は鮮やかな黄金色のスカーフをまと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1496文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン