/

この記事は会員限定です

四国体験、春節客でにぎわう うどん学校や道後温泉

[有料会員限定]

中国などアジア各国・地域の旧正月「春節」を迎えて、訪日外国人(インバウンド)が定番の近畿だけでなく、西日本の幅広い観光地に足を延ばしている。近畿では化粧品や家電製品などの買い物のみならず、観光地で体験重視の「コト消費」を楽しむ旅行客が増えている。

9日午後2時すぎ、道後温泉本館(松山市)を台湾の団体ツアー客30人が訪れた。ツアー参加者はすでに1~2回、日本を訪れ、京都や東京には行ったことのある台湾...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り941文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン