/

この記事は会員限定です

東京都、立川の政府倉庫購入 災害に備え備蓄拠点に

[有料会員限定]

東京都は立川市にある政府倉庫を購入する方針を固めた。2016年度に国と契約を結び、払い下げを受ける。警察や消防、自衛隊などが集まる「立川広域防災基地」の一角という立地を生かして災害時の食料や支援物資の備蓄・配送拠点として活用する案が有力だ。首都直下型地震に備え防災倉庫の分散化を進め、都全域での災害時支援機能の強化につなげる。

都は購入費用などとして約76億円を16年度予算案に盛り込んだ。実際の売買...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り571文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン