/

この記事は会員限定です

VB、農業の競争力向上支援 TPPで新段階

[有料会員限定]

農業と先端技術を結びつける農業ベンチャーが活躍の場を広げている。環太平洋経済連携協定(TPP)の署名により、国内の農業の担い手は新たな競争の世界に挑む。IT(情報技術)や人工知能(AI)を取り入れ生産性を向上。品種改良や栽培ノウハウの工夫で商品価値を高める試みもある。各社は農家と連携して競争力の「芽」を掘り出そうとしている。

ジャガイモ農家や酪農家らが集まる日本有数の農業地帯の北海道十勝。どこまで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1401文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン