/

この記事は会員限定です

インドネシア、牛肉人気に火 「牛角」など8倍

[有料会員限定]

インドネシアの牛肉市場を巡る外食・食品大手の動きが活発になってきた。焼き肉の「牛角」などを経営するコロワイドは5年で現地店舗を8倍に増やす。伊藤ハムはニュージーランドからハラル対応の牛肉製品を供給する。イスラム教徒が多く、豚肉が避けられるインドネシアでは牛肉需要が10年で2倍に急増。国内農家を保護する輸入規制が緩められれば、人口2億5千万人の大国の食欲が牛肉争奪戦に火をつける可能性がある。

首都ジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1397文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン